外国人の俳優で日本式の殺陣をできる人はいるのでしょうか? ハリウッ

外国人の俳優で日本式の殺陣をできる人はいるのでしょうか? ハリウッド映画で日本刀を扱うシーンがありますが何か違います。
若山富三郎や千葉真一のように実戦的かつ美しいもの、原田芳雄や本田博太郎のような泥臭いもの、テレビ時代劇で里見や松ケンがやるようなキレがあって形式美を残すもの…。
外国人がやるとどれとも言えないようです。



【ラストサムライ】では…
「刀を振るう以上、それは本気の殺し合いでなくてはならないはずだ」という信念で、ラバー製の刀で本当に殴りあってます。
当然役者はアザだらけ、怪我を負う危険もあります。
向こうでは殺陣を形式美、美しさなどと切り離してリアリティ最重要視で考えてるのです。
形式美、美しさなんて、演舞の概念のある国でしか通用しません。
◆日本式の殺陣はうつくしいです。しかし、実際の戦や果たし合いは故、司馬遼太郎のインタヴューで、刀は一人斬ったら切れなくなるし、時間がかかると姿勢も保てなくなるので、かなり荒っぽいと聞きました。
中間が「座頭市」や「子連れ狼」だと思うのですが、作風にあった演出を監督が選択しているので私は違和感を感じません。
◆スティーブン・セガールだったらやろうと思えばできるでしょ
日本で剣道はじめいろいろ武道やったんだから
ただ映画で日本人から見て日本風の殺陣をやるかやらないかは別の話
あくまでもハリウッドでやってる殺陣は主にアメリカ人が見て
楽しめるように作るわけで、
監督はそれを一番にイメージしてやっている
真田広之だってアメリがだと日本みたいな殺陣はやってなでしょ
これはアメリカの映画やドラマで描かれる日本が、
日本人からすると非常に違和感のある”なんちゃって日本”に
なりがちになっているのと同じことだと思う
◆は?
バカなの?
日本の殺陣は演劇のために適当に作ったもんで
実戦であんな動きするわけねぇだろ
命がいくつあっても足りんわ
日本刀での実戦はな
なーーるべく腕を伸ばして
相手の手首とかひざとか狙って
刀の先をちょいちょい振るんだ
超かっこ悪いぞ
切り込みなんかやったら
こっちが死ぬわ
西洋の動きのほうが実戦なんだよっ


コメント