精霊の守り人のバルサは女なのになぜあそこまで強いんでしょうか。 体

精霊の守り人のバルサは女なのになぜあそこまで強いんでしょうか。
体格に恵まれている
日頃から鍛えている
運動神経抜群
槍?のようなものの天才
経験値
これらを考慮しても、同じく 鍛えているであろう男にも勝てるのはどうして?



たとえば、合気道
体格だと勝てない
鍛えてる・・・・けど、動けるように(ストレッチや山歩き)
運動神経・・・これはあり
経験地・・・これもあり
短槍の天才・・・そうですね
漫画での会話ですが(かすかな記憶で)
空手で一撃必殺ってあります
相手の攻撃を受ける前に殴り、1発で相手を倒す
理想だけど、達人同士になればなるほど、不可能になる
なので技というものが生まれた
剣も同じですね
◆回答がずれてごめんね。
いま、ファイナルファンタジー7という古いゲームを引っ張り出してプレイしてるんです。このゲームのキャラクターたちは攻撃力や防御力のような数値以外に「運」という数字が設定されてます。この「運」の数値が高いと、こちらの攻撃はよく命中するし、敵の攻撃は命中しにくかったり被害が少なくて住みます。
この「運」という項目はロールプレイングゲームの中で良く使われます。外見には出ないけど運に恵まれた登場人物が敵をどんどん倒してく感じが良く出てきます。
で、小説に話が戻ります。
小説はゲームではないけど、作者や読者が、この登場人物はいい人だから運に恵まれているだろうとか、この悪役は開く運が強いから・・・、そんなイメージを抱いてませんか。でも、そんな「運」は目に見えません。でも、読者や作者にはしっかりと「運」の大まかな量が認識できているのです。
「運」の値が最大100なら、バルサさんのキャラクターなら運の数値は80ぐらいです。きっと。つまり、バルサさんの攻撃の80%は命中し、敵の攻撃の80%は運によって当たらないのです。うんっ


コメント