ドラマ「ヤメゴク」や「神の舌を持つ男」が視聴率がなかったのはなぜ

ドラマ「ヤメゴク」や「神の舌を持つ男」が視聴率がなかったのはなぜですか?
何がそんなに面白くないのですか?視聴率がいいドラマとの違いは何ですか?



神の舌を持つ男向井理主演でしたが
ドラマが放送される頃は人気が下降気味
ドラマのタイトル神の舌を持つ男か料理系を連想させて
実際観たら推理モノで
ギャグも滑りまくりで視聴者は思っていたのと違うよねと
しかも向井理さんがやたらと舌を出して汚い
原案が堤幸彦さんだったからTV局側もヒットすると
(トリックの二番煎じ狙い?)勘違い
ヒロイン役の木村文乃さんが完全にミスキャスト
テレ朝で放送していたトリックのような
ドラマを作りたかったのかもしれませんが
木村文乃さんを仲間由紀恵さんのように出来ず空回り
演じていた俳優さんたちも
じぶんの役柄が理解出来なかったと語っていた
全てが空回りドラマの原案者の名前で視聴率が取れると
放送前から映画化を決めてるし
ヤメゴク主演の大島優子さんの人気のなさ
役柄とはいえ全く似合ってないキャラクター
女優としてまだ主演は荷が重い
ドラマを観る前から大島優子主演なら観ないとか
主演が他の人なら面白いのにとか言われていたから
◆脚本家の櫻井武晴氏が悪いのですか?
櫻井氏の脚本の特徴は何ですか?
◆単に測定器を置いている家庭が見ていない
面白い面白くないとは違います
◆ヤメゴクは裏がキムタクのドラマにしては健闘してました。


コメント