(続き、4回目) Les centres de recyclage « communautaires » men

(続き、4回目)
Les centres de recyclage « communautaires » menacés. Dans la ville qui vise à recycler 100 % de ses déchets, ils sont une partie importante. Les centres « communautaires » permettent à chacun de récupérer la « consigne » encore en vigueur en Californie sur les bouteilles en plastique et en verre ainsi que sur les canettes en aluminium. Rapporter ces dernières constitue une source de revenus non négligeable pour les sans-abris et les plus modestes. Mais plusieurs de ces centres ont été contraints de fermer en moins d’un an. « De mauvais comportements ont lieu près du centre et le vol dans les poubelles du voisinage sont en augmentation », a argué Scott Weiner, conseiller municipal de San Francisco qui soutient la fermeture du « Community Center » de Market Street, le plus important et le dernier dans le centre de la ville.
Mais bon nombre dénoncent un effet de la « gentrification » à l’œuvre dans San Francisco. « Il y a eu quelques problèmes dans le quartier mais pas par ceux qui viennent recycler. Ils ne veulent tout simplement pas voir les pauvres qui viennent ici, dénonce Stosh Wychulus, un voisin du centre, utilisateur régulier et mobilisé contre sa fermeture. San Francisco a la plus grande inégalité de revenus et elle s’accroît à un rythme effrayant. Enlever aux pauvres gens cette source de revenus ne fera que précipiter leur fin. » Malgré tout, le supermarché Safeway, propriétaire du terrain et qui n’a pas donné suite à nos sollicitations, a donné au centre jusqu’au 1er juillet pour plier bagages. Sans qu’une solution ne soit prévue.
フランス語の和訳をお願いします。
初月無料の見放題はこちら
「コミュニティ」リサイクルセンターが脅かされました。
廃棄物の100%リサイクルを目指す都市では、重要な部分です。 「コミュニティセンター」は、皆さんが、カリフォルニア州のペットボトルやガラス、アルミ缶などで、まだ実施されている「指示」を誰もが回復できるようにします。それらを報告することは、ホームレスにとって最も控え目な収入源です。しかし、これらのセンターの多くは1年足らずで閉鎖されています。 「悪い行動から、近所のゴミの中央や盗難付近で発生が増加している、」「コミュニティーセンター」マーケットストリート、最も重要なの閉鎖およびサポートスコット・ワイナー、議員サンフランシスコ主張しました都市の中心部にあります。
しかし、多くの人がサンフランシスコの職場における「高級化」の効果を非難している。 「近所にはいくつか問題がありましたが、リサイクルに来る人はいませんでした。彼らはここに来る貧しい人たちを見たくないだけで、中央の隣人Stoke Wychulusを非難し、その閉鎖に対して動員した。サンフランシスコは最も大きな収入不平等を抱えており、恐ろしい速度で成長しています。貧しい人々を奪うために、この収入源は彼らの終わりを早めるだけです。 “それでも、7月1日までにセンターに荷物を預けてくれたSafewayのスーパーマーケット、その土地の所有者、そして私たちの要求に応えなかったスーパーマーケット。解決策は計画されていません。
◆「コミュニティ」リサイクルセンターが脅かされました。
廃棄物の100%リサイクルを目指す都市では、重要な部分です。 「コミュニティセンター」は、皆さんが、カリフォルニア州のペットボトルやガラス、アルミ缶などで、まだ実施されている「指示」を誰もが回復できるようにします。それらを報告することは、ホームレスにとって最も控え目な収入源です。しかし、これらのセンターの多くは1年足らずで閉鎖されています。 「悪い行動から、近所のゴミの中央や盗難付近で発生が増加している、」「コミュニティーセンター」マーケットストリート、最も重要なの閉鎖およびサポートスコット・ワイナー、議員サンフランシスコ主張しました都市の中心部にあります。
しかし、多くの人がサンフランシスコの職場における「高級化」の効果を非難している。 「近所にはいくつか問題がありましたが、リサイクルに来る人はいませんでした。彼らはここに来る貧しい人たちを見たくないだけで、中央の隣人Stoke Wychulusを非難し、その閉鎖に対して動員した。サンフランシスコは最も大きな収入不平等を抱えており、恐ろしい速度で成長しています。貧しい人々を奪うために、この収入源は彼らの終わりを早めるだけです。 “それでも、7月1日までにセンターに荷物を預けてくれたSafewayのスーパーマーケット、その土地の所有者、そして私たちの要求に応えなかったスーパーマーケット。解決策は計画されていません。
初月無料の見放題はこちら

コメント