花のち晴れはなんでこんなに視聴率悪いんですか?私はこのドラマの放

花のち晴れはなんでこんなに視聴率悪いんですか?私はこのドラマの放送を知ったとき花男の続編なんだから当時見ていた人は見るんじゃないかなと思っていたら視聴率は2桁行かなかったそうです。 一話目で松潤さんが道明寺役としてサプライズ登場したにもかかわらずです。
花沢類や西門総ニ郎も出たのになぜでしょうか?私は馳天馬がイケメンでカッコいいキャラで好きだったのですが、、
初月無料の見放題はこちら
特に誰かを非難しているわけではありません。客観的にみて、①メグリン役の人の演技が下手すぎて共感できないことと。誰もが憧れる美少女モデルという設定なのに、愛梨役の子の方が可愛いすぎたこと。(十分可愛いとは思いますが)②音のお母さん役の人の演技が下手すぎて、キャラが際立たなかったこと。③夜10時からの放送なのに内容が幼かったこと。この内容ですと8時か9時スタートのほうが良いです。④原作の一番大事なキャラ設定から逸脱し、晴がふらついてしまった。(何があっても音にまっすぐという芯が抜けてしまい)それぞれのファンの方には大変失礼かと思われますが、「花のち晴れ」の一ファンとして冷静に分析しました。ご不快になられた方はすみません。ただ、晴・愛梨・天馬・姉御役の人はなかなか良かったです。これからブレイクするのでは。
◆なぜかと言うと、子供向けの原作に期待したガキんちょ共が、大人テイストに作り直された作品にガッカリしたから。
そんだけ♪
原作なしに大人向けで作っていたら、大ヒットしたろうね。
勿論、まずはもっと上の年齢層の視聴者に宣伝してからの話
◆花男の後輩世代のお話なので、「花男の続編」という言い方はちょっと違うかな。
設定に、突っ込みたくなる点が多い。
花男のF4ほどの魅力がない。
私は原作未読(花男は、放送後に原作漫画読んだから、今回もそうなるかも)ですが、晴が原作よりも優柔不断的なキャラになっているらしい?
原作での名シーン?と言えるような部分を主人公ではない女の子に割り当てたドラマの脚本・演出があったらしい。
かつてのF4をファンサービスでちょっと出す(原作漫画でもちょっと出のサービスはあるようですが)くらいなら、彼ら(+つくし)の同窓会的なSPドラマを見たいというのが、花男ファンの本音だろうと思います。
◆視聴率が良くないのは脚本が微妙で盛りあがりに欠けるからだと思います。
花より男子を観ていた世代が観ると設定もキャスティングも花より男子の劣化版に見えてしまうかもしれません。
花より男子の主人公の牧野つくしは貧乏でも逆境に負けず「ざけんじゃねぇよ」と自分の道を切り開いていくキャラでした。そんな牧野に姿に惹かれて成長していったが財閥の御曹司の道明寺司でした。その関係を終始妨害したのが道明寺司の母親でした。主人公や主人公の恋愛を視聴者が応援したくなる設定でした。
花のち晴れの主人公の江戸川音は実家が金持ちから落ちぶれても、金持ちでハンサムで優しい婚約者がいるのに気持ちがコロコロ変わってしまう・・・その関係に割って入ったのが神楽木晴でした。
主人公の女の子が気持ちがコロコロ変わり、優しい婚約者を傷つけて、新しい彼氏に気持ちが移ってしまう・・・視聴者が登場人物の誰にも共感できない設定と展開なので盛りあがりに欠けます。
おそらく主人公ではない「馳天馬がイケメンでカッコいいキャラで好き」という人の方が多く一番視聴者に応援されているかもしれません・・唯一、誰も傷つけず気持ちが終始一途です。
最終回はわかりませんが・・・仮に音と晴が結ばれる結末となれば「天馬君が可哀想」「音には共感できない、好きになれない」「晴はメグリン傷つけて酷い」となり消化不良な最終回になってしまうかもしれません。
学園同士が仲良くなり音は誰とも交際しない終わり方で、脚本家を変えてきっちりストーリーと設定を整理した上でシーズン2まで引っ張るかもしれません。
◆そもそも学園ものが流行ってない、というのが大きいでしょう。
ここ数年、学園設定のドラマはどんどん減ってきて(みんな視聴率的にヒットしなかったからだけど)今はほとんど作られなくなってますからね。
それだけ見る人が少なくなっている(少なくともテレビでは)とも言えます。
花晴れはたぶん、過去に花男の大ヒットがあってその関連作品だということを強調して宣伝すれば(ご指摘のように花男の人気キャストをゲスト出演させれば)なんとかなる、と思われて制作されたんでしょうけど、あまりその効果はなかった模様ですね。
花男そのものでないなら、関連作品でも興味ない、って人も多かったかもしれない。
◆テレビ離れが進んでるし、 花より男子とは全然キャラも設定も違う。だから花男ファンだけど花晴れは見たくない人が多いんじゃないですか。
私は花男ファンですが、花晴れも好きで毎週観てます(笑)
初月無料の見放題はこちら

コメント