中一です。最近気になることがあります。性別についてです。 私は小六

中一です。最近気になることがあります。性別についてです。 私は小六の頃から自分はバイ・セクシャルなんだと自覚しました。最近不思議に思うことがあります。自分は女の時もあれば男の時もある気がするんです。
可愛いものも好きだしドールとかにも興味があります。ここは女だ思うのですが..
好きな女の子の前だとレディファースト?したり自分は男そう思うような感じです。
調べてみたらXジェンダーというものを見つけました。あまり理解力がないので簡単に「Xジェンダー」について教えてください。
自分は2つの性別を持っているのでしょうか.?
(私は女子で男子な時もあります)



そうですね。
人にはいろいろな性別としてのとらえ方があるということが大事なポイントになると思います。
性別としてのとらえ方は何か?
もしかしたら学校やいろいろ調べてみて知っていることもあるかなと思いますが。
一つは身体の性別、質問者さんは女性ということですよね。
次に性自認の性別、かなり難しいもので心の性別と書かれたりします。
Xジェンダーの話はこれに関係するものですね。
それから好きになる性別、これは質問者さんはバイセクシャルということですね。
あと、表現的な性別、服装や言葉遣いや振る舞いといったことの性別。どんなものが好きといったところからの性別のイメージ。性別的表現といいます。
これも心のことだから性自認の性別ではないの?と思われたりするかもしないですが。
例えばマツコデラックスさん、あの方は性自認は男性なのですが服装は女性で話し方も女性ぽい感じにされていますよね。
そして、社会的な役割としての性別のあり方。性別的役割といいます。女性としてこうする、する方がいい。男性としてこうしたことをするやする方がいいなどやしなければならないといったものですね。
質問に書かれていることとかはどうでしょう?いろいろ性別で感じられていることはどの性別のグループに収まっていくでしょうか。
「可愛いものも好きだしドールとかにも興味があります。」というのは性別的表現かなとも思いますし、「好きな女の子の前だとレディファースト?したり」は性別的役割といった感じですか。
こうしていくと性自認の性別、心の性別はなかなかとらえられない感じに思いませんか?ここが自分自身の性別が何かよくわからないといったことでもあると私は感じています。
さて、少し話を変えてXジェンダーって何かを説明してみますね。
Xジェンダーっていうのは先ほどから出てきた性自認の性別が男性でもない、女性でもないといった状態や人のことをいう「総称」になります。
総称ですから、いろいろな性別の場合がありますよ。
二つの性別があるという両性、これは男性と女性であるもありますし、中性と女性といったこともあります。
二つの性別の間という中性、男性と女性の間ってこともあれば無性と男性の間ということも。
次に無性、この無性は自分自身の性別感がないや何かはっきりとした性別とは言えない性別感があるといったことをいいます。
そして不定性、不定性はいろいろな性別に変化するといった感じで女性や男性を行き来したり、無性と女性と男性に変化したりという感じです。
両性や中性や不定性にしてもどちらかが多いや寄っているということもあります。
他にも女性だと思うけど他に何かあるというDemigirlやその男性版のDemiboyというのもあります。
自分自身はどうなのかで一番スッキリするのはまず自分自身の状態を知ってわかるということ、その上であてはまるのは何かなとみてみる。これが一番スッキリしますし、とある論文によりますと精神的にも安定するそうです。もちろん逆に〇〇といったものがある、そしてこれは自分自身にあてはまるなと気づくというアプローチもあります。とはいえある程度自分自身のことが見えていないと気づきにくいですよね。
では、質問者さんはどうなのかになりますが、実際には質問者さん自身がどう感じるか体感しているかになります。ですからその実感でXジェンダーかなと思えたらXジェンダーということになります。
そうしたら、どうすれば性自認の性別が実感できるのかとなりますよね。
行き着くところは自分らしさを大切にして受け入れていくということですね。
自分自身を尊重し自分自身を大事に生きていていい大切な存在であるというところが保たれていると、性自認の性別というのも見えてきやすいようですね。
逆に分かりにくくなるという状態はそうした自分らしさがわからないや自分自身を尊重することがうまくできないといった状態ですね。こうしたことが起きやすいのが同性愛や両性愛といったことで混乱していたり受け入れきれていないといった場合、思春期も自分らしさを探す時期でもあるのでちょっとした拍子に混乱したりするそうです。あとはいじめやDVや虐待といったことも混乱の原因になります。
なんだかいろいろと難しいそうな大変な話に見えてきますが要するに自分らしさを大事にことです。それと性別に迷って考えれば考えるほどわからなくなってしまうのでそこから離れてしまうということもいいかなとも思います。
そうした中でもし、女性である時も男性である時もあって変化するというなら不定性だと思います。自分自身が女性であるし、男性でもあるというのでしたら両性といった感じですね。
(ちなみに私の場合は男性の部分がある、でも女性の部分もあるということで両性、英語ではbigenderで、Xジェンダーにあてはまるということになります)
あと、いろいろ迷ってわからない、けど何か名前がそうした時にないのですか?という思いがあるのでしたらクエスチョニングというものがありますよ。

ジェンダーフルイド(ジェンダーフルイディティ)かもね。
流動性という意味で、1つの性別に拘らないセクシャリティです。
Xジェンダーとは『心の性別が男と女の2つでは表わせない人』です。
両性(男でもあり女でもある)、中性(男と女の間)、無性(男でも女でもない)、不定性(男と女を行ったり来たり)などあります。
ジェンダーフルイドは海外の呼び方、不定性は日本のみの呼び方って感じですかね(個人的な解釈なので合ってるかは知らん)。
Xジェンダーは診断は無いので、貴方がXと思ったら、Xジェンダーです。
◆性同一性障害


コメント