国鉄の頃、よく長距離列車に公安官が乗車してきて車内パトロールをし

国鉄の頃、よく長距離列車に公安官が乗車してきて車内パトロールをしていましたよね。
新幹線に鉄道公安官を常駐させた方がいいのでは?
グリーン車に公安室(2人常駐)を設置。
どうですか?



鉄道公安官制度は国鉄の分割民営化を期に廃止されて鉄道警察隊が業務を引き継いでいます。
常駐ですか…?
全列車は難しいかもしれませんが、抜き打ち的にランダムに警乗するだけでもある程度の抑止力にはなるかもしれませんね。
自動車の速度違反や違法駐車の取り締まりも不定期に行うことで抑止力にしていますから。
ただ、先日のようなヤツは警乗していようがいまいがやる時はやるという気もしますが…
全くの余談ですが、昔、「新幹線公安官」(主演:西郷輝彦氏)と「鉄道公安官」(主演:石立鉄男氏)というテレビドラマが好きで、よく観ていたのを思い出しました。
◆日警の警備員が不定期で警備に当たっているという回答が寄せられましたが、私は知りませんでした。
私が無知だったんですが、こういうことはPRで周知されて初めて効果が上がります。
「不定期」までPRする必要はありませんが、「乗客の皆さんの安全のために警備員を乗せています」くらいはもっと周知しても良いと思います。
◆最近は痴漢やスリに力をいれています。これは検挙率を上げる為じゃないかと邪推したくなります。
警乗の目的は犯罪予防や抑止ですから目に見える成果がないので予算化が難しいのかなとは思いますが、昨今の状況は利用者の安全安心を図るべきですね。
飛行機は空港使用料が加算されますが、鉄道も保安対策料(仮称)を加算してもいいと思います。
◆東海道新幹線には、全列車ではないが日警の警備員が乗務し、車内パトロールをしている。
JR東海は今回の事件を受けて、警備員の増員を検討しているそうです。
◆それは賛成なのだ。


コメント