水曜日の札幌ドームはお互い日本ハムファンも阪神ファンも疲れる試合

水曜日の札幌ドームはお互い日本ハムファンも阪神ファンも疲れる試合やった感じでしょうか? 日本ハムvs阪神
水曜日は上沢直之と小野泰己
小野が制球定まらぬ中で中田翔の一打で日本ハム先制パンチも上沢に3連打の満塁で陽川尚将が全員返す3点2ベースだったけど小野が落ち着かず尾仲祐哉にスイッチも大田泰示→近藤健介→中田翔の3連打であっという間の再逆転で仕上げがレアード3ランで日本ハム4回だけで6点
この後が石井一成のアーチで追加点も宮西尚生に襲い掛かる阪神が7回に2点の反撃で9回に有原航平に2死無走者からの連打で伊藤隼太が2点3ベースも最後は原口文仁がダメで結局は日本ハムの8-7でした。
試合時間が3時間54分と長かったけど選手だけでなく両軍ファンも疲れる試合やったのかなあ?



双方のファンとも疲れたのでは。
日本ハムは4回裏の逆転劇は見事でした。
ただ先発の上沢はピリッとせず、
何とか3失点でおさまったという印象。
安定感のあった宮西も捕まり、
リリーフ登板の有原は1点差まで追い上げられましたからね。
勝ったけど締まりのない試合という感じ。
阪神は3回裏に先制を許し、
4回表に4連打で一旦は逆転したものの、
先発の小野が相変わらずのコントロールで4回持たず、
尾仲も炎上で再逆転を許す始末。
打線も3‐8からよく1点差まで追い上げたが、あと1歩届かず。
ただ16安打で7点は少ないなあ…。
どっちもどっちというような試合でした。
勝った方も疲れるでしょうけど、負けた方はもっとですよ。
◆日本ハムは勝ったけど抑えの有原が2失点と今後に不安が残る内容
負けた阪神の方が打線が活発になって良く見えるぐらい
斉藤佑樹が阪神打線を覚醒させたかも


コメント