中山美穂が安っぽい扱われ方をされるようになったのは スキャンダルの

中山美穂が安っぽい扱われ方をされるようになったのは
スキャンダルのあった私生活のせい? .
去年10月に放送されたフジテレビの『世にも奇妙な物語』で
中山美穂が「おばさん」「おばちゃん」「メンヘラババア」と侮蔑的に言われてた。
全盛期を知ってるから、見てて切なくなってしまった。
まるで、いわゆるスクールカーストの一軍にいた人が
二軍や三軍に落ちてしまったのを見てるような気分。哀れだ。
このような汚れ役をするようになったのは
やっぱり私生活でのイメージダウンのせいですよね?



人気が落ちたからですかね。
日本の女優は主役をバンバン出来るのは30代までで、以降はアイドル的人気で主役をやっていた人は主役をするのは難しくなります。
中山美穂もそれに当てはまります。
女優として実力が認められたらまた別ですが。
小泉今日子なんかはそうなりかけていたところに踊る大捜査線で殺人鬼役をやってインパクトを与えてアイドル女優から脱却出来た感じです。だから主役じゃないにしてもメインキャラの役が回ってくる。
◆老けたから。
可哀想だよねー。
◆だって、見た目がた落ちだもん。
同じ48歳なら、石田ゆり子のほうが遥かに可愛いし。
◆そのドラマは見てないけど元々ちょっとエロいヤンキーの子の役柄からデビューしたからね。横山やすしの息子の木村一八と共演してたドラマ。
浮き沈みは世の常です。
◆トシちゃんと結婚してトシちゃんをバーニングに入れてればねぇ
◆おもいのほか太っていたからでしょう(笑)


コメント