『万引き家族』、窃盗を正当化していますか? 多少ネタバレになっても

『万引き家族』、窃盗を正当化していますか? 多少ネタバレになっても構いません。今話題の『万引き家族』。
私はまだ観ていませんが、もしこの作品が「貧困ゆえに仕方なく万引きしたのだ」とか、「この家族が生き抜くためには万引きせざるを得なかった」のだ、という描き方をしているとしたら、観たいとは思わない。
私は『万引き』なんてな、ただの『窃盗』に過ぎないと考えます。人に迷惑をかけ、店側に多大な損害を与え、時に小売店の稼業を傾けさせてしまいかねない。重大な犯罪行為だと思うのです。
話題になっていて観てみたい気持ちもありますが、窃盗を重ねる主人公家族たち視点に終始し、被害者である店側の理不尽な苦しみや悲しみが描かれていないのであれば、観る価値はないと思います。
樹木希林さんや安藤サクラさんは大好きな俳優さんたちですが、わざわざ劇場で不愉快な思いはしたくないので、ご覧になった方々に教えていただきたいのです。実は子どもと観に行くので、そんな映画なら避けたいのです。
よろしくお願いします。



他の回答者さんの意見を見てわかるように単純な善悪でも、犯罪を美化、もしくは犯罪をを弾圧した内容の映画てもありません。
感情移入出来るとこ出来ないとこ、分かれています。
ただラストの方、高良健吾さん演じる刑事の言葉は普通にかっこよかったです。
ネタバレはしたくないのですが、好き嫌いは分かれる映画です。
ただネット記事やなどで騒がれている政治的概念を無視し、素直に観たら、単純に面白かった!単純につまらなかったでは終わらない感想、批評が生まれると思います。
私は「貧困ゆえに仕方なく万引きしたのだ」とか、「この家族が生き抜くためには万引きせざるを得なかった」のだ、という描き方=はしていないと思いますし、お勧めします。
でも出来たら誰かと見た方がいいかもしれません。観終わった後、話したくなる映画ですから笑
◆私は『万引き』なんてな、ただの『窃盗』に過ぎないと考えます。
言い忘れていました!
質問者さんのその考えは正しいとおもいます
◆水 清ければ 魚棲まず の映画です。
ま 水が清ければ映画にならない のですがね。
カネ儲け の裏側に貧困があるわけ ですよ。
上層てのは下層があるから という ごく当たり前のことを2時間かけて再認識させたかった のだと思いますね。
この2点を 画では 強調していない ところは好みですね。
そして子役2人 の主役級 の スクリーン映え。
観る価値あり ですよ。
タイムリーな時事小ネタを 3つ4つ 入れてありますね。
日常の中に 事件が突如現れる 非日常てやつが映画ですからね。
◆私はあなたみたいな了見の狭い人って可哀想だなぁと思います。
お気に触ったらすいません。
◆万引きを正当化した映画じゃない事は見れば一発でわかるのだけど、しかしなんだろうねこの現象。
ヴェネチアでグランプリを取ったたけしの『HANA〜BI』なんて、主人公は人殺しで強盗してるんだぜ。
でも今回の万引き家族みたいな事は言われなかった。
どなたかが言われたように、日本の観客ってガラパゴス化してるんじゃないか?世界の映画のことなんか何も知らず、犯罪者が主人公なのはおかしいとか日本が犯罪と貧困に覆われた国だと世界の人々が思ってしまうとか、なんじゃそりゃ。
あと下のmyなんとかという回答者は単に自分の愛する君の名は。が是枝に批判された事を恨んでネガキャンやってるだけの頭のおかしい人間なので信用する必要なし。
ベネット
◆窃盗を正当化というか、この家族以外も児童虐待や地上げ、ゆすりやいかがわしい風俗等やっていて「日本人は皆悪いことをしている。万引きなんてまだ可愛い方だ」みたいな描き方です。
ゴッドファーザーとかを例にあげている人がいますが、あれは明らかに特殊な社会の話なので、一般的な人間が犯罪をやっている万引き家族とは異なります。
まあ、ラストで祥太は自分に嘘を教え続けた治に愛想をつかしたみたいに見えなくも無いですが、何か窃盗をするような人間の方が心は暖かいみたいな雰囲気があります。
◆俺たちに明日はない、明日に向かって撃て、ゴッドファーザー、復讐するは我にあり、スティング。
犯罪者が主役の名画です。万引き家族は万引きで生計を立てている家族の話ではありませんよ。
しかし万引きについて、どのように描かれようが、作品のテーマと作品のクオリティは別ものです。
先の犯罪者の映画は映画史に残る大傑作です。ガラパゴス化が進む日本の観客が現実とフィクションの区別がつかない人ばかりになっているのが興味深いですね。
まるで初めてテレビを観てドラマの悪役に文句を言っているお婆さんのようです。
多分、文化水準が低下するとは、このような人が増えることなんだろうね。


コメント